全ての記事の表示

藤田嗣治と平野政吉の思いが伝わらない、秋田駅内での「秋田の行事」の広告 (2015.12.4)
2017/07/10
ある著名脚本家が語った、藤田嗣治「秋田の行事」と平野政吉美術館 ~ フジタと平野政吉を題材にしたミュージカルが公演 ~ (2015.9.15)
2015/11/14
“未完に終わった美術館”の理念を継承していた、旧・秋田県立美術館(平野政吉美術館)の「秋田の行事」大展示室 ~ 藤田嗣治が当初より志向した建物上方からの採光形式、十分に広い空間 ~
2015/10/01
旧・県立美術館の利用に関し、「市が管理」と地元紙が報道 ― 県立美術館本館、「秋田の行事」展示室としての利用が最善である
2015/09/03
旧秋田県立美術館の耐震補強工事・改修費 ― モニュメントで2億3200万円、美術館使用で6億8700万円に疑問!? 神奈川県立近代美術館鎌倉館では約2億1千万円の耐震工事を見込む。 (2015.2.21)
2015/08/21
県民の文化的遺産 ― 旧・秋田県立美術館(平野政吉美術館)
2015/02/18
旧・秋田県立美術館の今後について~県民の声
2015/02/16
新県立美術館における「秋田の行事」の見え方について ~ 藤田嗣治が求めたのは自然光による採光形式であった (2014.12.27)
2015/01/27
秋田県立美術館(旧)の今後について ― 「秋田の行事」展示館か、「秋田の行事」展示を中心とした、「県立美術館・本館」にすべきである。
2014/12/23
美術館を移転させた後、今頃、旧来の秋田県立美術館(平野政吉美術館)の耐震診断をした、理解不能な秋田県 ― しかも、改修費は、以前、議会で発言した10年で10億円を大きく下回る、15年で6億8700万円 ~ 移転は必要なかった!!
2014/12/14
「ユニークな美術館」として全国87の美術館の一つとして評価されていた、秋田市の平野政吉美術館 (2014.6.23)
2014/11/18
新秋田県立美術館の入館者数が予想を上回る減少(2014.4.29)
2014/05/29
平野政吉氏に出会った人々の思い出。
2014/04/01
新県立美術館の今後について、ある人の不満
2014/03/29
失われた「文化の殿堂」、秋田県記念館 (2012.2.25)
2014/03/24
新県立美術館の天井裏水管に結露が発見され、防水シートを増やす処置。懸念される水庭美術館の今後。
2014/02/02
「秋田の行事」を鑑賞できず苦情が殺到 ― 解決策は、旧来の県立美術館を「藤田嗣治『秋田の行事』展示館」として利用すること
2013/12/30
秋田への郷愁を感じるもの
2013/12/19
藤田嗣治が壁画制作において重視した「広い面積と遠距離から眺める事、下方から見上げる事の考慮」― それらが反映された平野政吉美術館
2013/11/23
藤田嗣治が「秋田の行事」に込めた思いとは掛け離れた、秋田駅前「フランス化」という貧困な発想 (2013.10.12)
2013/11/12
「藤田嗣治への旅」(ABS秋田放送)という番組を見て ~ テレビ局各社の「秋田の行事」特集番組、メディアの膨大な露出と意味を持たない入館者数 ~
2013/10/10
「秋田の行事」の引っ越し後に、県立美術館(旧)の建物について「耐用年数を見極めたい」と言い出した知事 ― 順番が逆ではないか?
2013/10/08
新県立美術館の藤田嗣治「秋田の行事」展示室は、「狭い、窮屈」 ~ 平野政吉美術館より劣化
2013/10/06
(公財)平野政吉美術財団と新県立美術館
2013/09/27
藤田嗣治、随筆の中で、歴史的建造物を遺すことの重要性を語る ~ 県立美術館・平野政吉美術館にも当て嵌まる言葉 ~
2013/09/26
「藤田嗣治・秋田への夢路」(BS朝日、秋田朝日放送)というテレビ番組を見て ~ 秋田の行事、花鳥図、藤田の画業の足跡など ~
2013/09/25
藤田嗣治の未公開「花鳥図」の複製パネル制作
2013/09/20
「世界のフジタ“伝統”への回帰 ~片岡鶴太郎×『秋田の行事』~」(NHK秋田)という番組を見て
2013/09/15
新県立美術館建設のコンセプト、「『秋田の行事』を再開発地区のにぎわい創出につなげたい」は、藤田嗣治が否定!~「実に、絵画を、侮辱した話」
2013/09/07
「秋田の行事」取り付け完了の写真 ― 重厚感なく、軽く見える新展示室。
2013/09/05
地元紙、藤田嗣治の言葉を「秋田の行事」に誤用 ― 実は昭和10年銀座コロンバン天井画の完成の際に記述した文である。
2013/09/02
大壁画「秋田の行事」の移設について
2013/08/30
三年連続開催の安藤忠雄氏講演会(秋田) ― 美術館+講演会ビジネスに何故これ程協力しなければならないのか?
2013/08/27
新秋田県立美術館の美術顧問、高階秀爾氏
2013/08/25
藤田嗣治の助言、指示が明確になった現県立美術館(平野政吉美術館) ― この美術館の閉館、移転は愚行である。
2013/08/24
懸念される新県立美術館での藤田嗣治「秋田の行事」の展示
2013/08/05
藤田嗣治が随筆「巴里の横顔」で語る ~ 大根や人参や缶詰を見た後で、絵画を見る事は、絵画への侮辱 (2013.2.8)
2013/08/02
地元紙が取り上げた「平野政吉美術館」
2013/07/02
平野政吉美術館=「藤田嗣治『秋田の行事』美術館」 を終焉にすべきでない。
2013/06/17
「秋田の行事」、平野政吉美術館を賞賛した著名人達
2013/06/13
現秋田県立美術館・平野政吉美術館と新県立美術館の共存を考える … 藤田嗣治が望み、指示した大空間で「秋田の行事」を観る重要性
2013/06/02
跡地利用とともに画策された強引な秋田県立美術館・平野政吉美術館の移転 ― その経緯と現状
2013/05/26
開催中の企画展「藤田嗣治の祈り 平野政吉の夢」 …… 「なぜ この美術館が閉館なのか?」という疑問
2013/05/23
現秋田県立美術館(平野政吉美術館)の文化的な価値の認識
2013/05/20
発見された「幻の藤田美術館」の設計図と、現県立美術館への藤田の助言を示すメモと手紙
2013/04/24
現県立美術館を、従来どおり利用し続けるのが、最も自然なことである。
2013/04/23
現在の県立美術館から「秋田の行事」や平野コレクションを移すべきでない。
2013/04/16
政治的建設といえる新秋田県立美術館の建設
2013/04/12
400年後に真価を問うことを意識し、作品を残した藤田嗣治
2013/03/17
老朽化し、使用できないとした現県立美術館の活用を秋田市に検討依頼をしている県教育庁 ― 理由がなかった県立美術館の移転新築
2013/02/25
捻じ曲げられた新県立美術館の建設理由 … 地元紙の社説
2012/12/28
「秋田に来た藤田嗣治」 … 平野政吉との友情の証明
2012/12/09
「秋田の行事」、藤田嗣治作品を現県立美術館(平野政吉美術館)から移転すべきでない。
2012/11/21
藤田嗣治+平野政吉=現秋田県立美術館(平野政吉美術館)=秋田の文化遺産
2012/10/02
市民公園、千秋公園の役割 ― 北の丸公園との比較
2012/08/29
天皇皇后両陛下、昭和天皇・香淳皇后も行幸啓された平野政吉美術館
2012/07/28
平野政吉美術館の展示状況を詳細に紹介 ― BSジャパン「美の巨人たち」の 藤田嗣治 『秋田の行事』
2012/07/25
現県立美術館(平野政吉美術館)から藤田嗣治「秋田の行事」を移設すべきではない
2012/07/09
観光客にとって魅力ある 現県立美術館(平野政吉美術館)
2012/07/05
美の巨人たち「藤田嗣治 秋田の行事」 BSジャパンで7月22日放送!! 
2012/06/25
テレビ東京「美の巨人たち」で 藤田嗣治「秋田の行事」が放送されます
2012/06/21
キャラクター「与次郎」は、ミスマッチ
2012/06/12
ゼネコンのCM「子供に誇れる仕事を」とは何か
2012/06/12
片岡鶴太郎さんも絶賛、平野政吉美術館の「秋田の行事」
2012/06/11
誰のための新美術館建設?…また安藤忠雄氏講演会
2012/06/09
新県立美術館の学芸員 6人に増員は必要なのか
2012/06/07
周囲に埋没する新県立美術館 … 秋田市中通再開発の現況
2012/05/29
建築家・安藤忠雄氏の発言と現実
2012/05/28
お薦めしたい企画展 … 「藤田嗣治の旅 中南米のエネルギーとコスモロジー」
2012/03/18
秋田市中通再開発事業の派手な宣伝
2012/03/13
冬場は雪に覆われた景色を眺めることになる、新県立美術館
2012/03/12
失われた「文化の殿堂」、秋田県記念館
2012/02/15
新県立美術館の展示、利用は新しい街に相応しいものにすべきである。
2012/02/06
平野政吉美術館のHPから創設者挨拶と収蔵作品リストが消えている!!
2012/01/10
理由のない美術館移転、誰のため? 何のため?
2011/12/27
コスト論で「秋田の文化」を壊すな! 平野政吉美術館を郷土愛の拠点に!
2011/12/22
移転理由が存在しなくなった現県立美術館(平野政吉美術館)
2011/12/17
平野政吉美術館の天井に自然光を遮る仕切りが
2011/12/09
「秋田の行事」科学調査は「平野政吉美術館」で活かせ
2011/11/21
「秋田の行事」の科学調査が行われた意味
2011/11/17
美術館の入館者数を決めるもの
2011/10/23
自然光をテーマとしている「平野政吉美術館」
2011/10/20
秋田の美術館に水が必要? 藤田嗣治作品に水が必要?
2011/09/30
大量の水を使用した美術館は危険である
2011/09/20
千秋公園の役割と文化施設
2011/09/06
藤田嗣治「秋田の行事」の展示に最善の場所
2011/08/22
藤田嗣治画伯の「秋田の行事」の移設は、「文化の創造」と言えるか?
2011/08/19
美術館と建築家…ルーブル、金沢21世紀、十和田、ニューヨーク
2011/08/04
レオナール・フジタ「平和の聖母礼拝堂」と「秋田の行事」
2011/07/31
美術館移転計画と「県民の声」
2011/07/28
通称「平野政吉コレクション」になった経緯は…
2011/07/22
建築家・安藤忠雄氏と秋田との関わり
2011/07/18
平野政吉美術館(秋田県立美術館)の丸窓について
2011/07/09
安藤忠雄氏設計の美術館は必要?
2011/07/05
千秋公園と美術館
2011/06/28
市民の憩いの場所、千秋公園について
2011/06/23